みはるちゃんを救う会

現在、募金活動は停止しております。詳しくは活動報告をご覧ください。

これまでの募金額

目標金額
2億4000万円
中間報告時点の募金額
1億0582万2073円

活動スケジュール

現在、街頭募金およびチャリティイベントの予定はありません。

みはるちゃんを救う会より、皆さまへ

みはるちゃんを応援してくださる皆さま、いつもありがとうございます。 みはるちゃんの経過は順調です。

皆さまからお預かりしました、大切な募金の取り扱いについてのご報告をさせていただきます。みはるちゃんは多くの方からの支援を受け、国内での心臓移植を終えて、順調な回復をしています。大変喜ばしく、みなさまの想いに感謝申し上げるところでございます。 この度は当会の残余金について、役員での検討を行い、その取り扱いについて決定いたしましたので、報告いたします。

みはるちゃんと同様に、現在、募金活動をしながら海外渡航での移植を目指す子が複数いることをみなさまもご存知かと思います。 高額なデポジット(手術保証金)を集めることは、当会でも最大の難問であり、現在活動されている団体も、 焦りの中、毎日声を枯らして募金活動を行っています。 当会はそういった同様の趣意で募金活動をしている団体に、残余金を寄付することを決定しました。 みはるちゃんを支援いただいた方々の思いを集め、その結晶である残余金ではありますが、 同じ苦しい状況で募金活動をしている団体へ寄付し、みはるちゃんへの応援の思い、声を次に海外での移植を望む子供たちに繋げたいと思います。 募金回収、経費の支払いはまだ済んでいませんが、一人でも多くの子供たちを救う為、何卒、皆さまのご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

  • たまきちゃんを救う会 : 3450万円
  • すずかちゃんを救う会 : 3450万円
  • はなちゃんを救う会  : 3450万円

尚、残余財産については、募金の回収や経費の支払いが終わった時点で全額寄付いたします。

中間会計報告

いつも、みはるちゃんにたくさんの応援、まことにありがとうございます。
この度の募金活動に関する収入及び支出について、中間会計報告をさせていただきます。

平成28年6月21日現在
【収入の部】
募金収入
105,822,073円
中間報告合計
105,822,073円
【支出の部】
事務所雑費
112,601円
郵送費
48,069円
募金活動費
702,924円
家賃・光熱費
340,824円
通信費
73,789円
中間報告合計
1,278,207円
募金残高
104,543,866円

みはるちゃんを救う会事務局の運営について

みはるちゃんを応援してくださる皆さま、いつもありがとうございます。 みはるちゃんの術後の回復は順調で、時折、子供らしい仕草で笑顔を見せるようになりました。 一歩ずつ外の世界に向かう準備は進んでいます。

さて、平日、ボランティアの皆さまにより、事務局電話窓口を支えていただいておりましたが、 事務所運営に経費がかかること、6月以降の人員確保が難しくなったこともあり、 平成28年5月31日(火)をもちまして、「みはるちゃんを救う会」の事務局事務所を閉鎖させていただきます。
尚、みはるちゃんの状況や会計報告等につきましては、ホームページにて引き続き報告させていただきます。

6月以降の募金箱回収の問い合わせ先
募金箱を回収中で事務局への連絡がまだの方がいらっしゃいましたら、恐れ入ります、下記連絡先まで、ご連絡よろしくお願いいたします。

Facebookメッセージ または メール「inquiry@miharu-chan.com」

皆さまからの多大なるご支援・ご協力、心より御礼申し上げます。

両親からお礼

美遥の両親です。

美遥の心臓移植実現のための募金活動にご理解頂き、そして、あたたかいご支援ご協力を頂き、ありがとうございます。

救う会から既に報告がありましたが、美遥は4月に国内での心臓移植手術を受けることができました。

美遥は、ドナーとなられた方とそのご家族の満ち溢れた想いと共に、心臓を授かりました。 拙い表現で大変申し訳ありませんが、感謝の言葉しかありません。 私たちが想像できるはずもない、様々な葛藤のなか、ご決断されたことだと思います。 その尊いご決断によって、今、美遥は1日1日を生きています。

美遥は日に日に元気になっています。 胸元に耳をあてると聞こえます。確かな鼓動と、共に生きているのがわかります。

美遥にとって、これから大変で辛いこともあると思いますが、それ以上に、楽しく幸せなことを経験させたいと思っています。 頂いた命と共に泣き、共に笑い、一緒に人生を歩んでいけることを、切に願っています。

そして、その授かった心臓の移植を受けた日は、美遥の2つ目の誕生日です。この誕生日を感謝の日として、これから私たちは2人の命をしっかり守り育てていきます。

ドナーとなられた方とそのご家族、ご尽力頂きました多くの医療スタッフの方々、募金箱設置や街頭募金、事務所応対頂きましたボランティアの皆様、 「みはるちゃんを救う会」の皆様、そして、すべての、美遥のためにご支援ご協力頂いた皆様方へ、本来ならば直接お会いしてお礼すべきではありますが、 この場をお借りしまして、深く感謝とお礼を申し上げます。

平成28年5月16日 瓦本 尚平・佳美

みはるちゃんを応援いただいている皆さまへ

いつも、みはるちゃんに温かいご支援をいただきありがとうございます。 支援者の皆様に、ご報告をさせていただきたいことがございます。また、突然のご報告になりますことをご容赦ください。

この4月、思いがけない急報が入りました。それは、みはるちゃんが国内での心臓移植手術の機会を得られるという内容でした。 突然の出来事に戸惑う両親、我々でしたが、心臓移植手術は無事に終了いたしました。手術後の経過は順調で、このまま回復することを祈る状況になってきております。

この度のことは、みはるちゃんに大切な命を繋いでくださったドナー様、またそのご家族様の存在なくしては成り立ちません。 かけがえのない命を繋いでくださった、ドナー様のご冥福を心よりお祈りするとともに、慈愛に満ちたお心で大きな決断をされたご家族様には心より敬意を表し、深く感謝いたします。

手術が成功し補助人工心臓が外れたことは、みはるちゃんにとって広い外の世界に飛び出せることを期待させることです。 今は、「早くお家に帰りたい、お兄ちゃんに会いたい!」と願い、ご両親、医療スタッフに支えられ励まされながら、小さな身体で今も病床で闘っています。 受け継いだ命で、人生の一歩を力強く踏み出そうとしています。

移植手術後は、拒絶反応が現れる恐れがあり、しばらくの間は気の抜けない状態が続きます。 手術後の検査が続き、回復を待つ今は、まだ安心できる状況ではありませんが、みはるちゃんの頑張りが絶対に報われると信じて、 私たちみはるちゃんを救う会は、募金活動に一旦区切りをつけることを決断いたしました。

募金活動の停止に伴い、まことに勝手ではございますが、既にご協力いただいております店舗・企業様の募金箱を回収させていただきたく存じます。 これより募金箱の回収を進めてまいりますので、集計結果につきましては、今しばらくお時間いただきますことをご容赦お願い申し上げます。

今後の活動再開の有無や募金の取り扱いにつきましては、これからの検査結果などを踏まえ、みはるちゃんの病状を確認しながら、慎重に検討を進めさせていただきます。 また、今後のご報告につきましても、随時、ホームページ上にてさせていただきます。

皆さまの温かい善意と、慈愛に満ちたお心に深い感謝の意を示すとともに、これまで活動を支えて来て下さった皆さまに厚く御礼申し上げます。

平成28年5月1日 共同代表 土居 正、村上 達也、太子 裕貴

更新情報

これまでの動画